好きなものを飾りつけして超かわいいカチューシャを手作りしよう!

好きなものを飾りつけして超かわいいカチューシャを手作りしよう!

女の子の頭に着けさせたい「カチューシャ/ヘアバンド」は、100円ショップでも手に入るシンプルなものに自分の好きな飾りを付けるだけで、自分だけのオリジナルカチューシャができあがる。それらは決してお店では手に入ることがなく、よりかわいいものに仕上がり、費用だって安上がりになる。

2017.9.1 UPDATE

1

リボン、動物の耳、花などを飾って、自分だけのカチューシャを手作り!

出典:www.youtube.com

ポインセチア

真っ赤なリボンを折ってまとめると、クリスマスの時に飾られる赤い花・ポインセチアができあがった。それを普通のシンプルなカチューシャに貼りつけると、クリスマスの時に着けて行きたいかわいいカチューシャになった。

出典:magicbelles.com

リボンで作ったコスモス

ピンク色のリボンを同じ長さに切って折りたたみ、それらの端っこをボタンを付けてまとめると、秋になると咲き誇るコスモスになる。もちろんこれだって、黄色と黄緑のシンプルなカチューシャに付けておくとよい。

出典:tipjunkie.com

ひもを編んで作る

細く裂いた布やひもを丹念に編んで、両端にヘアゴムを付けてまとめると、しっかりと髪を留めておけるカチューシャになった。なお編んだ部分には、ビーズを通したテグスを絡ませているので、よりキラキラして見える。

バラの造花を飾る

今度は100円ショップでも手に入る、バラの造花を飾った。ちなみに飾る方法は緑の茎となっているビニール部分を剥がして、その針金をカチューシャに巻き付けるという方法が挙げられる。そしてこれならワンピースにもよく合いそう。

円形に切ったフェルトを重ねる

ちょっといびつな形の円形に切ったフェルトを重ね合わせて、真ん中にボタンを縫い付けてカチューシャに貼るだけでも、十分に個性的な作品に仕上がる。なおフェルトは、大きさを変えて貼るのがコツ。

薄いスカーフを巻き付ける

今度は向こう側が透けて見えるくらいのスカーフを、シンプルなカチューシャに巻き付けた。なおスカーフはただ巻き付けるだけではなく、上の部分がリボン状になるのがこつである。そしてこれは秋葉原のイベントに着けて行っても悪くない。

ビーズで作った花を飾り付け

細かいビーズをワイヤーに通して、花や葉っぱなどの形にまとめていき、最後は無地のシンプルなカチューシャに接着剤で貼りつけていくだけで、こんなに立派なカチューシャができあがる。ちなみに使う接着剤は温めて使うグルーガンがおすすめ。

モールを巻き付けて

ピンク色の質素なカチューシャに、もこもこしたモールで作ったハートを結わえ付けていくだけでも、こんなに素晴らしい逸品として生まれ変わる。なおモールはハートだけにとどまらず、他の形にしても全然悪くない。

出典:coolmompicks.com

三つ編みのヘアバンド

不要になった布を裂いて、丁寧に編んでいき、両側にゴムひもを付けるだけでも、立派なヘアバンド兼カチューシャになる。そしてこれは顔を洗う時にも使えて、編み込むひもは自分の好きなものにするとよい。

レースリボン

スカートの裾に付けておきたくなるような、白いレースリボンだって、先ほどと同じ要領で立派なカチューシャにもなる。なお両端にゴムひもを取り付ける時はしっかりとミシンで縫いつけるのが重要となる。

出典:tipjunkie.com

ラインストーンを編み込む

まずは細いカチューシャに接着剤を塗りつけて、その上に連結しているラインストーンを貼りつける。そして刺繍糸をすき間に絡ませていくと、ストーンがキラキラきらめく高級感あふれるカチューシャにリメイクすることができた。

ユニコーンの角

頭に角がある伝説の馬・ユニコーンのカチューシャを作った。耳や円錐型の角はフェルトで作っていて、あとは貼りつけるだけなので非常に簡単である。なお角の部分はラメを振りかけておくと、非常に見栄えがよくなってくる。

インパクトがあるリボン

ディズニーの人気キャラクター・ミニーマウスが着けていそうな、インパクトがある大きなリボンをそのままカチューシャに取り付けた。なおリボン部分はミシンで縫い合わせたものをひっくり返してから形を形成するとよい。

メイドが着けるカチューシャ

秋葉原のメイドカフェで働くメイドさんが着けているカチューシャと言えば、やはりこれが当てはまる。白くて薄いレース生地を丁度いい形に加工して、ミシンでカチューシャに縫い付けると、いかにも上品さがあふれる逸品へと生まれ変わった。

ウサギの耳

今度は白いフェルトを丁度よい形に切って、折りたたんで白いカチューシャに付ける。すると、コスプレや仮装パーティーで使えそうな立派なウサギの耳ができあがった。なお耳に使うフェルトは、白だけではなくピンクにしても構わない。

ネコの耳

今度は、飼い主に甘えるかわいいネコの耳をカチューシャに取り入れた。もちろんこれだって、秋葉原のメイドカフェやコスプレショップで使えそうで、十分にかわいさが滲み出ている。しかも耳に使う材料は、フェルトと接着剤だけで充分なのが嬉しい。

クマの耳

今度は子供たちに人気がある動物・クマの耳を作った。これなら男の子でも女の子でも気兼ねなく付けられて、お遊戯会の時にも使える。そして動物の耳は工夫次第でまだまだ他にも色々作れるという特徴がうかがえる。そして材料は100円ショップでも手に入るフェルトでも全然構わない。

昆虫の触覚

今度は、カチューシャ部分に黒のフェイクファーを貼りつけて、その上に先端部分を渦巻き状にした触覚を突き刺す。するとまるで蝶やミツバチが持っているような、立派な昆虫の触角となった。そしてこれを付けると、気分は妖精になりそう。

魔女の帽子付き

こちらは、ハロウィンパーティーの時に着けて行きたくなるような、魔女の小さな帽子が付いたカチューシャ。帽子は布やフェルトで作って、側面に飾りなどを付けておくとよい。これなら、いつだってかわいい魔女に変身できちゃう。

出典:www.ebay.ca

悪魔の角

こちらもハロウィンで付けていきたくなるような、立派なカチューシャ。今度は地獄にいるような悪魔の角を模っていて、いかにもハロウィンを盛り上げてくれるという印象が伝わってくる。何より、赤と黒が見事に調和していて、怪しげな雰囲気を出しているのがよい。

出典:m.dhgate.com

大粒のラインストーンを貼りつける

ネイルアートやデコ電に使われる、小さな粒や大きな粒のラインストーンを、少し幅があるカチューシャに、接着剤で貼りつけていく。するとまるで宝石が輝いているような、高級感あふれる立派なカチューシャへと生まれ変わった。ちなみにラインストーンは簡単に100円ショップでも手に入る。


よかったら「いいね!」もよろしく♪