小さな赤ちゃんが大喜びしそうな手作りのヘアクリップ!

小さな赤ちゃんが大喜びしそうな手作りのヘアクリップ!

かなり成長して、髪の毛が生えてきた女の子の赤ちゃんには、是非とも手作りのヘアクリップを付けさせてあげたい。今回紹介するクリップは、100円ショップの材料でも簡単に作れるものばかりなので、母親は是非見ておくとよい。

2017.9.1 UPDATE

3

手作りでこんなにかわいいのが作れる!理想の赤ちゃん用ヘアクリップ!

レザー生地のハート

まずはレザー生地をハート型に切って、100円ショップで買ったヘアピンに接着剤で付けてみるだけでもかわいいヘアクリップになる。なお、レザー生地はお好みで文字を刻み込んでも構わない。

出典:www.etsy.com

ふわふわのアイスクリーム

ヘアピンはフェルトで作ったコーンに縫い付けて、アイスクリームの部分は三角コーナーに付ける生ゴミの水きりネットで作っている。ちなみにアイス部分はコーンより大きくなるよう、ふんわりとさせるのがコツ。

フェルトに刺繍を加える

円形に切ったフェルトは、刺繍糸で文字や模様などを付けてヘアピンにくっつけておきたい。これで一見シンプルだけど十分におしゃれな感じが出ているということが伝わってくる。

出典:www.etsy.com

2つ組み合わせて、バザーで売ってもよい

フェルトや刺繍などで飾りつけをした、子供用のヘアクリップ・ヘアピンなどは、写真のように2つ組み合わせて、幼稚園や保育園などのバザーで売っても構わない。

大きなリボン

今度は大きなリボンを使って、十分に目立つヘアアクセサリーを作った。ちなみに使う金具はバレッタ金具で、前だけではなく後ろにも付けても目立つ。

ワンピースとよく調和している

プレセントのラッピングに付いてきたリボンを蝶結びにして、形を留めておくために所々を接着剤で留めて、裏にヘアピンを付けると、今着ているワンピースと十分に馴染んでいるヘアクリップになった。

色んな種類を作って

先ほどのリボンは、柄や大きさを変えれば色んなヘアアクセサリーに応用できる。中にはヘアピンではなく、ヘアゴムに付けてオリジナルのヘアアクセサリーにする人もいる。

成長してからも使える

今回のテーマである手作りヘアクリップは、何も赤ちゃんだけにとどまらず、ある程度成長してからも使える。なので大切に取っておくとよい。

出典:babyology.com.au

中に市販のヘアピンを閉じ込める

今までは1枚のフェルトを接着剤でヘアピンに貼りつけてただけだが、今度は2枚重ねて縫い合わせて、ワンポイントを付けて切込みを入れて、その切込みからヘアピンのパチンとする部分を取り出して作っている。

出典:babyology.com.au

小さなボタンを縫い付ける

こちらも、先ほどのヘアピンと同じ要領でフェルトの飾りを付けている。しかも今回のフェルトの飾りは、細かいボタンを縫い付けてよりかわいくしているというのが特徴。

出典:www.etsy.com

かわいいテントウムシ

黄緑色の背景には、フェルトで作ったかわいいテントウムシが付いている。これは春のお出かけに付けさせてあげたい、手作りヘアアクセサリーと言える。

出典:www.etsy.com

首の長いキリン

今度は、先ほどと同じ要領を生かして、フェルト製の首の長いキリンを作った。どんな動物でも、フェルトで作るとすごくかわいらしいものになるというのがとても素晴らしい。

出典:www.etsy.com

小さなネズミ

ばんそうこうのような土台に、小さくてかわいいネズミにしたフェルトを縫い付けると、小さな女の子が喜びそうなヘアアクセサリーになった。縫い目は少し大雑把にすることで、手作りの温もりが出てくる。

出典:www.etsy.com

小さなバレッタ

通常の物よりも小さいバレッタ金具に、リボンや飾りようのフェルトを縫い付けて、2個くらいは使いたくなるような小さなバレッタを作った。写真のように並べてみると、すごく素晴らしい。

出典:www.etsy.com

かわいいゾウさん

今度は灰色のフェルトを使って、花の髪飾りが付いたかわいいゾウさんを作った。これも幼稚園や保育園に通う小さな女の子たちに大受けすること間違いなし。

水玉柄のリボン

今度はフェルトではなく、水玉の柄が付いた布でリボンを作って、それを飾りとしてヘアピンに付けている。なお水玉柄の布は他にもあるので、色々作ってみるとよい。

出典:www.etsy.com

2つの風船

今度はふわふわ浮かんでいる、2つの風船をフェルトで作って縫い付けた。手に持つひもは糸を縫い付けて作って、風船自体には小さなハートマークを付けてよりかわいくしているというのが特徴である。

出典:weheartit.com

結んだ髪とよく調和している

これまで紹介してきた手作りのヘアアクセサリーは、結んだ髪の毛とよく調和していることがうかがえる。これによって女の子をよりかわいく見せてくれる。

出典:weheartit.com

名前入りビーズを貼りつける

こちらも、市販のバレッタ金具を使った作品。今回はフェルトや布を使わずに、名前が刻まれた平べったいビーズを接着剤で貼りつけているのが特徴。ちなみにこれなら名前だって刻み込める。

出典:www.etsy.com

毛糸を編んで作ったリボン

毛糸を編んで作ったリボンも、手作りヘアアクセサリーを盛り上げてくれる。まずは編んで長方形を作って、真ん中を毛糸で縛り付けると、結構素敵なリボンができあがる。

毛糸を編んで作った花

今度は毛糸を編んで、素敵な花を作って添えた。花に使う毛糸の色は、中心部分と花びら部分に分けて、別々の色を使うとさらによくなってくる。

今度はウサギさん

今度のフェルトで作る動物のヘアクリップは、女の子に人気があるかわいい動物・ウサギである。色合いは薄いピンク色で、リボンや小さなビーズも縫い付けられているのがよい。

リボンが付いたコアラちゃん

カフェオレのような薄い茶色のフェルトで、かわいいコアラを作ってヘアピンに生かした。コアラはニコニコした表情となっていて、見た目はまるでクッキーみたいになっている。

出典:www.etsy.com

ペロペロキャンディ

棒が付いたかわいいペロペロキャンディだって、フェルトで作ってヘアピンに飾っておきたい。なお、使っている色はメインカラーの濃い色と薄い色を用いているというのが特徴である。

出典:poofycheeks.com

おしゃぶりをしている赤ちゃんにもよく似合う

生まれて間もない、おしゃぶりを加えている赤ちゃんにも、今まで紹介してきた手作りのヘアクリップはよく似合っている。これを付けてあげると、赤ちゃんはさらに上機嫌になる。

いくつも重ねた花

薄い布を、大きさが異なる何枚もの花の形に切って、下から大きい順に重ねていくと、こんなに素敵な花の髪飾りができあがった。ちなみに真ん中に布を包ませたくるみボタンを使うとなおよい。

結んで作ったリボン

今までは真ん中を縛ってリボンを作っていたが、今度は結んでリボンを作っている。なお結び目はなるべく大きくなるようにしておくのがコツである。

フェルトを工夫して重ねて、花を作る

今度はフェルトにひだを寄せて中心を留めて、髪飾りにしている。見た目はまるでプロのパティシエが絞り出したクリームのように見えて、より素晴らしい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪