クリスマスツリーを盛り上げる手作りオーナメントボール!

クリスマスツリーを盛り上げる手作りオーナメントボール!

クリスマスツリーの飾りの代表とも言える、オーナメント ボールは、市販のものでもよいが自分で手作りしてみてもなかなか面白い。子どもと一緒に作っても楽しいし、ツリーに飾ってみると見栄えがよくなってくる。

2017.10.20 UPDATE

1

アイデアを詰め込んだ手作りオーナメントボールは、かなり素晴らしい!

ガラスに書けるペンで文字を書く

ガラスに書ける白色のペンで文字を大胆に書いて、中にスノースプレーを吹き付けたガラスのオーナメントは、今すぐにでもツリーに飾っておきたい逸品だ。ちなみにガラスのボールオーナメントは、インターネットでも手に入る。

出典:weheartit.com

市販のものにシールを貼る

あらかじめ売られている、市販のボールオーナメントに星形のシールを貼っておくだけでも、アレンジを加えた立派な飾りになる。もちろんシールは他のものでも構わない。

茶色いビーズを敷いて、もみの木の枝を乗せる

茶色くて細かいビーズを底に敷き、その上にヒイラギの葉っぱやもみの木の枝をポンと置いて、表面に白いマジックでメッセージを書くと、クリスマスにふさわしいオーナメントになった。

出典:weheartit.com

雪をかぶったツリー

プラスチック製の粉雪を底に敷いて、同じく雪をまぶしたツリーを接着剤で付けると、雪景色のクリスマスツリーが閉じ込められたオーナメントになった。しんしんと積もった粉雪が、全体をまとめている。

出典:weheartit.com

ラメパウダーでデコレーション

オーナメントに竹串で水玉模様や渦巻き模様の接着剤を塗っていき、キラキラのラメパウダーをまぶして、いらなくなったパウダーを落としていくと、キラキラ感が出てきた。

出典:www.evermine.com

お気に入りの写真を入れる

今度はお気に入りの写真の切り抜きを閉じ込めて、外側には紙で作ったタグを添えた。ちなみに中に収めるものは、雑誌の切り抜きでも全然構わない。

フタ部分から突き出てもよい

フタ部分に穴を開けて、枝や植物を立てておくという手もある。もちろん中には枝がしっかりと立つように、ビーズやゼリーボールなどを入れておくとよい。

出典:pizzazzerie.com

金色のラメパウダーと文字を収める

今度は金色のラメパウダーを敷いて、同じく金色にした文字を収めている。仕上げに金色のリボンを結ぶと、高級感あふれるオーナメントになった。

出典:www.brit.co

手芸用ポンポンボールを詰める

手芸でよく使う、小さなポンポンボールを詰めてみると、柔らかい印象のオーナメントに仕上がった。ちなみにこの中には、大粒のビーズをたくさん詰めても構わない。

真夏のオーナメント

ガラス製でボール状になっているオーナメントは、何も冬の時期やクリスマスツリーに飾らなきゃならないという概念はない。外側にペンでヤシの木の絵や文字を描いて、下には海辺で集めた砂を敷いて、その上に貝殻をポンと置くと、真夏にぴったりなオーナメントになった。

ロープや毛糸を閉じ込める

新聞紙や古雑誌をまとめるのに使ったり、アウトドアでも使うロープや麻ひも、毛糸を少しグルグル巻きにしてガラスオーナメントに入れると、素朴だけどなかなか素晴らしい作品になった。

出典:www.etsy.com

アルファベット文字をレタリング

中に好きなものを入れた後は、表面にアルファベット文字をレタリングしても全然構わない。ちなみに文字は、幸せや平和を願う言葉になるように並べても全然構わない。

雪景色の写真を閉じ込める

写真に収めた、しんしんと降り積もる雪景色の光景を丁度よい大きさに切って、オーナメントの中に閉じ込めた。ちなみに下の部分には、かざりで使う人工雪が敷かれている。

内側全体をラメで覆い尽くす

内側に接着剤をスポンジで塗って、その中に金色のラメパウダーをムラなくまぶしていき、表面に文字をレタリングすると、手作りとは思えないキラキラしたオーナメントが完成した。

ホログラムの折り紙を細かくしたものを詰める

光を当てると輝く、ホログラムの折り紙をハサミで細かくして作った紙吹雪も、オーナメントの中に入れておきたい。なお、これにはスパンコールを加えても全然OKである。

出典:blog.tattly.com

アクリル絵の具で絵を描く

今度は表面に、アクリル絵の具を使って好きな絵を描いている。ちなみに絵を描く時は細い筆を使うと、上手に描くことができる。そして最近ではガラスに書けるペンも出てきているので、それを使ってもよい。

中が空洞になっている麻ひもの玉

水ヨーヨーのような丸い風船を膨らませて、そこに麻ひもを少し隙間ができるようにグルグルと巻いていき、水で薄めた木工用ボンドを刷毛で塗って、乾燥させて風船を取り出すと、手作り感あふれるオーナメントになった。

出典:www.etsy.com

犬の足跡

赤いメタリックのオーナメントに、接着剤を犬の足跡の形に塗り、その上にラメパウダーか人工の粉雪を振りかけて乾燥させると、かわいい犬の足跡が付いた飾りになった。

海の生き物の柄を貼り付ける

またまた、海をテーマとしたオーナメントになっているが、今度は海の生き物の柄をあしらった包装紙を貼りつけている。そしてこれはキラキラした砂を敷いたお皿に置くと、見栄えがよくなってくる。

半分ずつ塗装

まずは全体を黒でムラなく塗装して、乾いたら半分だけに接着剤を塗り、ラメパウダーや砂をまぶしていく。すると2つの色が融合した逸品へと仕上がった。

白いフクロウ

今度のガラスオーナメントは、平べったい楕円形になっていて、中には枝に止まっている白いフクロウの紙が収められている。ちなみに肝心のフクロウは紙に絵を描いて作っている。

出典:www.flickr.com

本来の色も見せている

赤いメタリックのオーナメントにマスキングテープを模様になるように貼りつけて、貼らなかった部分に接着剤を塗り、ラメパウダーをまぶして乾燥させて、マスキングテープをはがすと、本来の色と模様が生きている飾りになった。

表面に表情を描く

中には、ジャキジャキに切った端切れを入れて、線の部分にはマフラーのような裂いた布が巻かれている。そして表面には油性ペンで、雪だるまの表情が描かれている。

出典:weheartit.com

雪だるまと文字を加える

パステルカラーピンクのオーナメントの表面に、白いポスカで冬の象徴となる雪だるまと、心が温まるようなメッセージを描き込んだ。なお、他にも色んなクリスマスらしい絵はたくさんあるので、是非描いてみるとよい。

レースリボンを巻き付ける

こちらも、市販のオーナメントに手を加えて、素晴らしい出来栄えにしている。今度は真っ白で精密に編み込まれているレースリボンをぐるりと巻き付けただけだが、ツリーに飾るとかなりおしゃれだ。

文字がある細いリボンをたっぷりと収める

プレゼントのラッピングでも使われる。文字を刻んだ白くて細いリボンを詰め込んだ。リボンは無造作に詰め込まれているが、シンプルだったガラスオーナメントを盛り上げている。

赤い木の実を詰める

サンキライやクランベリーなどの赤い木の実を閉じ込めて、仕上げにフタに花を付けると、今すぐにでもツリーに飾りたい逸品ができあがった。なお赤い木の実が手に入らない時は、赤くて丸いビーズでも構わない。

アイロンビーズで覆う

オーナメントの周りに接着剤を塗り、アイロンで溶かしてまとめるアイロンビーズを柄になるように貼りつけていった。ちなみに貼りつける時は、ピンセットを使うとよい。

ラメパウダーが全体に行き渡るように

何色ものラメパウダーが、オーナメントの内側全体に行き渡るように入れられている。ちなみに色は自分の好きなように組み合わせて、内側には接着剤が塗られている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪