心がキュンとなるようなピンクインテリア用品を大紹介!

心がキュンとなるようなピンクインテリア用品を大紹介!

女の子に人気がある色・ピンクは例えほのかな色合いでも心を掴む。それを家に置く家具に取り入れてみると、いかにも女性らしいかわいい雰囲気が出てきて、素敵なインテリアを作り出す。

2018.7.3 UPDATE

1

薄くても全然OK!ピンクのインテリア家具はキュートを引き出す!

壁全体に大きく広がっている世界地図とベットカバーが共にピンク

壁全体に貼られている世界地図の一部分と、ベッドの上の掛け布団及び枕に掛けられているカバーが、ほのかなピンク色となっているのが特徴。ちなみに地図の部分は白い地図に薄めたピンク絵の具を塗って作るとよい。

ふんわりとしたクッションが乗っている十分にくつろげるソファー

従来のようにあまり大きくないが、一人暮らし用にピッタリなソファーに乗せたクッションも、ピンク色をまとっている。しかもこれは部屋の中で一番目立っているが、周りの壁や観葉植物ともよく調和しているのがわかる。

出典:www.pinterest.jp

淡いピンクで塗装して緑の植物を飾り付けたなかなか素晴らしい食器棚

たくさんの食器をしまっておく食器棚に、ピンクが加わっても全然違和感はない。ちなみにこれは既にできあがっているものではなく、白または何の色も塗られていない食器棚に、ペンキを塗って作っている場合もある。

女の子に打ってつけな所々にピンクをあしらったキュートなルーム

床に敷くラグマット、写真を入れる額縁、さらにはベッドの上に置いたクッションやベッドカバー、ハンガーに掛ける洋服をピンクに統一することで、女の子らしさあふれる理想の部屋ができあがった。ここで眠るといい夢を見られそう。

植物を育てる大きめの植木鉢や物を置く土台にピンク色をあしらう

物を置く土台や、観葉植物を植える植木鉢にもピンク色が加わっていて、全体的が暗くなっているこの空間に華を添えている。なお、植木鉢や土台は材料を揃えて自分で、1からDIYするという方法もある。

出典:weheartit.com

リビングにどーんと構えて置きたいソファーにもピンク色はよく似合う

一家が集まるリビングに、どーんと構えておきたいソファー。そばには壁に取り付けた読書用ライトがあって、ソファー自体も全体の雰囲気とよくなじんでいることが伝わってくる。これなら、一家だんらんができそう。

出典:www.pinterest.jp

食器や雑貨などを飾っておくのにぴったりなちょうどよい高さの棚

あまり場所を取らない大きさとなっていて、上にも下にも物を乗せられる棚。こんなにかわいいなら、お気に入りの小物を飾っておくのにふさわしい。さらには細かいものを入れられる引き出しもあるのも嬉しい。

出典:weheartit.com

月曜日から金曜日までの仕事の予定を書き込めるすごく便利なボード

時計や思い出の絵画なども取り付け、今月の予定を書いたメモを貼りつけた「予定ボード」全体に、パステルカラーのピンク色をムラなく塗っている。しかもその壁の前には、仕事で使うデスクもあるので、仕事にピッタリな環境を作っている。

物を入れて支えている土台は白で扉及び引き出しはピンクでまとまっている

物を入れる棚本体は白い色で塗られているが、開け閉めする扉はムラのないピンクで統一されている。そしてこの2つの要素は見事に調和していて、さらに上にも物や観葉植物を置いているので、ますますインテリア感を出している。

あまり場所を取らない大きさとちょうどよい高さがある服をしまうタンス

毎日切る洋服や下着などをしまっておく、洋服タンスにもパステルピンクは適している。しかもこのタンスは、4本の細い脚で支えられていて、ちょうどよい高さになっていて、上にも何か物を置ける特徴がある。

隅に合わせて曲がっているベンチにはピンクが使われ観葉植物と調和している

角にもフィットしている、ベンチのようなソファーには、ピンク色のマットとクッションが置かれていて、周りには吊るしたり大きな植木鉢に植えている緑の観葉植物がうっそうと茂っている。ちなみにこの2つの要素は見事に調和して、素敵な空間を創り上げている。

出典:entermyattic.com

壁の一部分と棚を淡いピンクのペンキでまとめると統一感が出てくる

壁全体と食器などをしまう棚を、同じ色合いのピンクで統一した。不思議なことに棚が壁に溶け込んでいるように見えて、全体の空間が柔らかいように感じる。

ほのかなピンク色が塗られて引き出しもあるという物の整理に役立つ棚

先ほど紹介した棚は、実は食器類やカトラリー、日常であまり使わないものをしまっておくのにふさわしい。そして上下の形があえて少し異なっていることで、立派なインテリアとなっている。

上には引き出しも付いていて物を乗せられる構造になっているクローゼット

両開きの扉と細かいものを入れられる引き出しが1つにまとまった、クローゼット。ちょうどよい高さになっていて、中にはハンガーを掛けられるように突っ張り棒が張られている。

出典:www.pinterest.pt

肌色に近いベビーピンクを塗装した外や中に出入りするためのドア

部屋、及び玄関から家に入る時に必ずある「ドア」に、肌色に近いベビーピンクをあしらった。やっぱり部屋に入るための扉が優しい色合いだと、心が和んでくる。

出典:www.pinterest.jp

全体がピンク色なのに味わい深い和風のタンスとよく馴染んでいる壁

渋い感じがあふれる、茶色い和風のタンスとそばにある観葉植物、そして鏡を付けたピンク色の壁が、不思議なことに1つにまとまっているように見える。たまにはこのような変わった組み合わせがあっても面白い。

同じ色合いのピンクでまとめられたマットレスと枕だけのシンプルなベッド

ベッドとは一味も二味も異なる、マットレスの寝床。もちろんマットレス自体や一緒に使う枕には、ほのかなピンク色が使われている。そしてこれは使わない時に折りたためて、部屋の隅に置ける。

出典:www.pinterest.pt

綿がぎっしり詰まったクッションを茶色い木材で支えるだけのソファー

これも広いリビングにどーんと置いておきたい、理想のソファー。むき出しの骨組みは木でできていて、置かれているマットレスやクッションは、サーモンピンクのような色をしているのが特徴。

出典:weheartit.com

全体が白でまとめられている一家団らんのリビングにもピンクの家具は合う

今まで紹介してきた、ピンクのクッションが使われているソファーは、一家団欒の場となるリビングにふさわしい。例えピンク色でもしっかりとリビングに馴染んでいて、素敵な空間を作っている。

出典:weheartit.com

壁の隅にあるレンガブロックが全てを引き立てラグジュアリーな空間を作る

部屋の壁の隅が崩れかけたレンガブロックで覆われていて、それだけでも十分に素晴らしいリビングが、ピンクと紫色が使われているソファーによって、ますます立派なものとなった。これはまさに、お客様を迎えるのにふさわしい。

出典:weheartit.com

色んな色合いのピンクはベッドカバーや布団カバーなどの寝室にもピッタリ

ベッドを置いた寝室にも、ピンクインテリアは適している。例えピンクを使う範囲が少ししかなくても、きちんと使えて部屋の空間と馴染めば何も文句はない。

3本の脚で支えるあまり場所を取らなくてこじんまりとした物を置く台

3本の脚で丸くて小さな板を支えている、背もたれのない椅子のような台。これはあまり場所を取らないので、ちょっとした物のディスプレイに役立つこと間違いなし。

ピンク色のカッティングシートを使って汚れやすいキッチンの壁をアレンジ

料理を作るキッチンの壁の一部分を、ピンク色に染めた。ちなみにこのようにするには、普通の壁紙より、100円ショップでも買うことができるカッティングシートを使うと簡単にできる。

花瓶などに生けているピンクのバラとよい香りをもたらすキャンドル

今度は大きな家具ではなく、小物でのピンクインテリアとなっている。花瓶に生けたピンク色のバラと、お盆の上に置いたピンク色のキャンドルが見事に調和して、可憐な印象を出している。

ごく普通のシンプルな椅子を淡いピンクで塗装してますますかわいく

テーブルと一緒に使う、座るのに欠かせない椅子は自分の好みの色に塗装しても構わない。そして中心から右寄りにある、ピンク色の椅子はまだ小さな女の子が使うのに最適。

大きなガラスの窓も使われている両開きの扉にも淡いピンクを使用

向こう側へ繋がっていて、大きなガラス窓が張られた両開きタイプの扉は、肌のようなベビーピンクがムラなく塗られている。周りの壁や天井が白いので、この扉はくっきりと目立っている。

部屋のドア全体を塗装して金色のチェーンをまっすぐにピンと張る

ペンキ、あるいはカッティングシートで塗装した後は、クリスマスの飾りで使う金色のチェーンをたるまないようにピンと張って、より扉を印象深いものにしている。なお、チェーンは金色のテープでも構わない。

出典:www.walmart.com

何の変哲もない壁にはっきりと目立っている桜のウォールステッカー

こちらも、あまり場所を取らないけれど立派なインテリアを創り上げているのがわかる。広い範囲の壁には、満開になっていて舞い散る桜のウォールステッカーが貼られていて、いかにも心を和ませている。

化粧を行うドレッサー

鏡が置かれ、コスメやブラシなどを入れる引き出しが付いたドレッサーも、女の子が好きなピンク色で統一されている。これなら毎日のメイクが楽しくなってきそう。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪