ボタンDIYでかわいくリメイク・海外のクラフトまとめ

ボタンDIYでかわいくリメイク・海外のクラフトまとめ

洋服についている「ボタン」は、アイデア次第でかわいいハンドメイドクラフトにアレンジできる。ボタンを集めれば集めるほど、アクセサリーや手芸雑貨、インテリアDIYなど、幅広い豊富なリメイクが楽しめる。今まで捨てる洋服からボタンを取って集めていた、けど使い道が思いつかない・・・と迷っていた方必見。

色んなボタンがかわいく変身!ハンドメイドのアクセサリー、手芸雑貨など

形がなかなかユニークなボタンとマステで木製洗濯ばさみをデコレーション

まず、水玉模様のマスキングテープを貼って、挟む方にボタンをワンポイントとして付ける。なお使うボタンは、子どもの洋服に付いているような、かわいい形をしているものが良い。

ごく普通のシンプルなゼムクリップだってボタンを加えると栞になる

見慣れたゼムクリップも、ボタンを接着剤で付けることでよりおしゃれなものとなる。ボタンは普通の丸形でも構わないが、写真のように素敵なデザインになっているのがよい。

くるみボタンをヘアピンに取り付けるだけでも立派なヘアアクセサリーに

自分の好きな柄の布で作れるくるみボタンだって、工夫次第で様々なアレンジができる。細いヘアピンの折り目の部分に接着剤で付けるだけという手軽さがありがたい。

髪の毛をまとめる時に役立つくるみボタンのヘアゴムもなかなかかわいい

くるみボタンは、もちろんヘアゴムにしても十分かわいい。柄の布だけではなく、好きなキャラクターの布で作ると、子供に喜ばれること間違いなし。ちなみにくるみボタンに必要なパーツは、100円ショップでも手に入る。

出典:indulgy.com

フェルトと細かいボタンを融合させて作った子供も喜ぶ花の髪留めピン

フエルトを花の形に切って、ボタンを縫い合わせると、よりかわいいお花ができあがる。
それをパッチン止めヘアピンにつけると、幼稚園児の女の子が大喜びのヘアアクセサリーになる。

色を揃えてバレッタ金具に貼りつけるだけでも個性豊かな作品になる

同じ系統の色を揃えて、何もないバレッタ金具につける。大きさは同じものに揃えずに、それぞれ異なっているというのがよい。そして何より貼り方にもひと工夫を加えているのも特徴。

同じ色でまとめてⅭカンを通して虹のようにカラフルなブレスレットに

赤、青、紫、オレンジ、緑、黄色、ピンクなどのボタンを、チェーンにじゃらじゃら付けてブレスレットにした。ボタンは色々な大きさがあるので、まさに若い人が好んで買い求めそうな、虹色のブレスレットである。

表面に細かい模様が刻まれたボタンを集めて作るアンティークのブレスレット

今度はジャケットやコートについていた、高級感あふれるエンブレムボタンを使っている。例え取れてしまっても、たくさん集めてブレスレットにすると、茶色と黒が生かされたアンティーク感があふれるアクセサリーになる。

大きさが異なるボタンを重ね合わせてペンダントヘッドにしてもよい

大中小の様々なボタンを重ねて、ひもを通す金具を付けてペンダントにした。お店で売られている銀のペンダントに飽きてきたという若者におすすめ。なお土台はUVレジンで使う丸い枠を使っても構わない。

若い人におすすめなキャンディのようにカラフルなブレスレット&ピアス

フルーツ味のキャンディのようにカラフルなボタンを、たくさん集めてまとめて、ブレスレットとピアスを作った。じゃらじゃら揺れて楽しい雰囲気に仕上がっている。これは一緒に身に着けて、お出掛けしたい。

ボタ1個だけでもフックピアスに繋げると立派なアクセサリーになる

あまり派手な物を好まないという方におすすめのピアス。例えボタン単品でも、十分におしゃれなアクセサリーとなっていて、必要な金具を揃えれば簡単に作れるというのがよい。

出典:www.etsy.com

カラフルで大きさが異なるボタンを数個重ねて指輪にする方法もある

色んな色、色んな大きさを組み合わせて、台座が付いている指輪の金具を付けると、簡単にファッショナブルな指輪ができあがる。これは雑貨屋さん及びアクセサリーショップで売ってもおかしくない。

カラフルな模様が行き届いているのが特徴のボタンだけで作った人形

主に細々としたボタンを使って作る。顔の部分はパールビーズを使っていて、できあがった人形はマスコットにしたり、携帯電話のストラップにしても全然OK。

細かいボタンを果物の模様になるようにハンカチの隅に縫い付ける

何の柄もない平凡なハンカチも、片隅にボタンを縫い付けることで可愛くアレンジできる。そして写真は刺繍も加えていて、果物のようになるように縫い付けてアレンジしている。

出典:www.ihanna.nu

透明なキャンドルホルダーの周りをボタンでデコレーションしてもよい

何の変哲もないガラスのキャンドルホルダーも、周りにボタンをびっしりと貼ることで、素敵にドレスアップできる。ロウソクに灯した揺らめく炎が、ボタンの隙間から見えるのがなかなかよい。

色んなボタンを集結させることでこんなに立派なコースターもできる

ボタンを好きなように組み合わせて貼りつけると、飲み物を置くコースターになる。これは大人から子供まで愛される、日曜雑貨として使いたい。

100円ショップで揃えた材料だけで作った、マグネットフック

背面が磁石になっているこのマグネットフックは、100円ショップで揃えた材料のみで作った作品である。まずはくるみボタンにお気に入りの布を付けてボタンを組み立てた後、後は強力接着剤でマグネットフックを貼り付けるだけなので簡単に作れる。

出典:www.pinterest.jp

中心にはくるみボタンがあしらわれている花のようにかわいい勲章

こちらも、くるみボタンをアレンジした作品。ボタンにはかわいいキャラクターがあしらわれていて、周りは薄い布を巻き付けて作った飾りが貼られていて、後ろにはブローチピン及びヘアクリップが付けられている。

出典:minne.com

他のパーツと組み合わせて、雑貨屋で売っても悪くないピアスに仕上げる

温かみのあふれる布で作ったくるみボタンは、そのままでも十分にかわいいので、耳元をおしゃれにするピアスにアレンジしても悪くない。裏面にピアス金具を接着剤で付けて、その下に9ピンを取りつけたビーズをぶら下げると、おしゃれなピアスに仕上がった。

出典:www.creema.jp

同じ柄のくるみボタンを二つ合わせて、マカロンストラップに仕上げる

くるみボタンの形状を良く見てみると、マカロンの片方部分のようにも見える。だから同じものを2つ組み合わせてストラップにすると、ちょっと心が和みそうなハンドメイド作品へと仕上がった。

出典:weboo.link

リボンの真ん中にくるみボタンを付けて、ヘアゴムにするという方法もある

布で作ったリボンの中心部分に、好きな柄のくるみボタンを加えてゴムを通すと、女の子にピッタリなヘアゴムが完成した。ちなみにリボンもボタンに使う布も、余った布きれで十分である。

ボタンがたくさん集まると、素敵なインテリアのクラフトへ早変わり!

額縁にぴったり収まっていて曜日や日付の位置を変えれば何年も使えるカレンダー

コルクボードに布を貼りつけて額縁に入れ、ボタンに1から31までの日にちの数字シールを貼って裏に画鋲を取り付けて、上には1月から12月までの月の名前を貼れるようになっているという、とにかく末永く使えるカレンダー。

出典:modishspace.com

キャンバスにどーんと描かれたどこまでも枝を広げる大きな木の絵

大きな板と白い布地で作った背景に、大きな裸の木の絵を描き、枝の部分に色とりどりのボタンを貼りつけた。これはまるで色とりどりの花が咲いていて、どこまでも広がって成長している姿が伺える。そしてこれは保育園や幼稚園での工作にもふさわしい。

カラフルボタンだけを集めて写真立てに収めるというアイデアもある

ボタン1つ1つは小さいが、たくさん集めて等間隔になるように額縁に収めると、立派な壁のインテリアになる。これはたくさん種類を作って飾りたい。そして珍しいボタンを見つけた時にもしておきたい。

出典:www.ecotools.com

至ってシンプルで平凡なランプシェードのデコレーションに使ってもよい

電気スタンドのカバー部分に、少し隙間を開ける感じで色んな色や大きさがあるボタンをびっしり貼る。スイッチを付けると、電灯の光がたくさんあるボタンの隙間からあふれているように見える。

布をぴんと張った刺繍枠で作った時計の文字盤にボタンを縫い付ける

1から12まである時計版の数字を、カラフルなボタンで代用した。ちなみに時計本体は、土台になる板とムーブメント及び短針、長針で簡単に作れて、これだけでも、十分にモダンである。

肝心の土台がぐるぐる巻き付いたミシン用の糸となっている樹木のオブジェ

針金を絡ませて樹木を作り、その先端にボタンを付けていく。仕上げはミシン用糸にしっかりと立てて完成。なお今回は色んな色が使われているが、春夏秋冬らしさを出したいなら、それにふさわしい色で統一しても構わない。

出典:blog.hgtv.com

こちらもフェルトとボタンを組み合わせて作る子供が喜びそうなかわいい花

フエルトで花びらを作り、真ん中にボタンを重ねて縫い付けた。茎は、竹串でできているので、ガラス瓶にかけておくこともできる。そしてボタンは複数個重ねてもOK。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪