東京で人気のインド料理のお店<おすすめ>

東京で人気のインド料理のお店<おすすめ>

世界で2番目に人口が多い国・インドは常に気温が熱いのでカレーを始めとするスパイスが効いた「インド料理」が食べられている。それは日本にも届いていて、世界中の人に愛されている。そして東京には本場にも劣らない美味しいインド料理の店がたくさんあることを紹介する。

本格的なものが勢ぞろい!東京においてのインド料理の名店!

出典:tabelog.com

カッチャルバッチャル

「牡蠣の白いカレー」
これは他ではなかなか見られない、珍しいカレーである。
プリプリの大きめの牡蠣をカレーに使い、スパイスの配合によって白っぽくしたのが特徴。
牡蠣の塩味、カレーのふくよかな香りが見事に調和している。
住所:東京都豊島区南大塚3-2-10
   林ビル2F

出典:r.gnavi.co.jp

「クリーミーエビカレー」
日本人にも馴染みがあるエビカレーも、インドカレー風にアレンジすると、これまでには味わえなかった味わいを楽しむことができる。
これはただ辛いだけではなく、深いコクとまろやかな味があるのが特徴。
エビは一度焼いてあるので生臭くなく香ばしい。

デリーダバ

「ディナーメニュー Bセット」
3種類のインドカレーを始め、カレーに合うナン、ライス、サラダなどが1つの皿に乗った。
さらにラッシーやチャイなども含まれる、選べるドリンクも入っている。
住所:東京都江戸川区西葛西6-12-9

出典:parasol.in

サルマ ティッカ ビリヤニ

「ランチサービス一例」
本場インド人シェフが作る、こだわりのインド料理あれこれが最大で1200円のランチメニューで楽しめる。
5種類のカレーから1種類選べ、サラダ、ドリンク、ナン、サフランライスなどがついてくる。そしてカレーは辛さを調節できる。

住所:東京都港区高輪4-22-11
   ヴィラージュ高輪1階

出典:www.delhi.co.jp

レストラン デリー

「カシミールカレー」
厳選した素材、香辛料、調理方法、そして新しい味の研究を守り続けているため、多くの人を感動させているインドカレーを作っている。
このカシミールカレーは、刺激的な辛さで多くの人を魅了するデリーを代表するカレーである。

住所:東京都中央区銀座6-3-11
   西銀座ビル3階

出典:www.delhi.co.jp

「チャナマサラ」
北インドで取れる・チャナ豆という豆のみを使ったカレー。
豆の食感とカレーの味わいはとてもよく、窯で焼くインドのパン・ナンにも十分に合う。
デリーは、インド現地にあるようなカレーを数多く提供している。

出典:www.delhi.co.jp

「ベジタブルカレー」
優しい味わいのココナッツミルク、刺激的な辛さを持つグリーンチリ、野菜だけの具材を煮込むと、辛いけど優しい味わいがするカレーができあがる。
※デリーでは、提供されるカレーはディナータイムのみのものもあるので注意すること。

ニルヴァーナニューヨーク

「ランチブッフェ」
常にスパイスの香りであふれているインド料理がずらりと並び、その上食べ放題のバイキング形式になっている。
このレストランは、今までにないような新しいインド料理の研究に励んでいる。
住所:東京都港区赤坂9-7-4
   東京ミッドタウン ガーデンテラス1階

銀座ナイルレストラン

「タンドーリグリルセット」
南インド出身の、A.M.ナイル氏によって設立された、本格インド料理レストラン。
タンドーリ・チキンとは日本でも人気がある、鶏肉にスパイスをたっぷりと揉み込んで窯であぶり焼きにした料理である。
一口かじると、もう最高で、ビールのおつまみにも最適である。
住所: 東京都中央区 銀座4−10−7

「チキンシャイコルマ」
ナイルレストランには、色んなインドカレーがあるが、あまり辛くないものが食べたいという方におすすめのカレー。
チキンとクリーミーだが少し辛い味わいのカレーは、女性にもぴったりである。

「チキンドピアザ」
これは先ほど紹介したクリーミーなチキンカレーとは違い、辛さは強いが、玉ねぎを始めとする色んな野菜が入っていて、辛さと野菜の味が融合しているのが特濃。

出典:dhabaindia.com

カイバル

「マトンカレー パンチホロンの香り」
成熟した羊の肉・マトンを、スパイスをばっちり利かせたインドカレーに取り入れた。
スパイスは、インド・ベンガル地方から取り寄せた香り高いものを使っているので、マトンの臭みを消している。
住所:東京都中央区銀座1-14-6
   銀座1丁目ビル1階

出典:dhabaindia.com

「各種インドワイン」
写真はボトルに入っているが、グラスで一杯ずつ提供もしてくれる。
不思議なことに、刺激的なスパイスを使った料理によく合うのだ。
カイバルに来たら、ぜひ試してみるとよい。

インドタンドール料理専門店:カイバル

インドタンドール料理専門店のカイバル

出典:www.facebook.com

インド料理 ムンバイ  九段店

東京で15店舗展開するインド料理レストラン。
自慢のカレーは、9種類から選べ、ランチセットだとナンやライスが食べ放題なのだ。
そして、格安の追加料金で、サイドメニューやドリンクも付けることができる。
住所:東京都 千代田区 九段南 2-2-8
   松岡九段ビル地下1階

ダバ・インディア

「ムング豆のダルフライ」
主に南インドの料理を提供しているレストラン。
スパイスをギーと言う水牛の乳脂肪で炒めて香りを出し、ムング豆という豆と青バナナを加えてさらに煮込む。こうすると「ダルフライ」という豆を主体としたカレーができあがる。
住所:東京都中央区八重洲2-7-9
   相模ビル1階

「マサラドーサ」
ドーサとは、米と豆の粉から作るインドのクレープのことである。
さらにこれは、ドーサに香辛料を加えて料理したポテトを包んである料理。
ついてくる2種類のカレーと一緒に召し上がれ。

南インド料理専門店:ダバ インディア

インド料理専門店のダバインディア

出典:www.facebook.com

ニルワナム

「魚のカレーとライス」
サンスクリット語で様々な意味を持っている単語が店名になっている。
これは特別メニューで出されるカレーで、魚の生臭さは全くなく芳醇な香りがしている。
ライスは、日本の米ではなく、インドのインディカ米を使っている。

住所:東京都港区虎ノ門1-1-20
   虎ノ門実業会館地下1階

出典:www.facebook.com

「ポロタロル」
チキンまたはベッジ(野菜)の種類がある、ラップサンドのような料理。
手軽に食べれるインドのファーストフードでもある、ニルワナム自慢の逸品。

出典:www.sitaara.com

シターラ青山

「ベジタブル ガラウティ」
古代のマハラジャが食べてきたと言われる宮廷料理。
一見肉を使っているように見えるが、全然肉は使っておらず、サトイモやバナナで作っている。かかっているソースは野菜のみを使ったソースである。
住所:東京都港区南青山5丁目7−17
   青山小原ビル小原流会館 地下1階

出典:www.sitaara.com

「ガジャール・ハルワ」
これも、シターラ青山の食事のデザートにちょうどよい。
人参をすりおろして牛乳と砂糖で煮込んだもの。
人参嫌いの子どもにもよさそうである。

シターラ青山

高級インド料理シターラはエキュート品川・新宿タカシマヤ・青山のレストランです

出典:www.san-sar.info

サンサール

「サグマトン」
主にインドやネパールの料理を作るレストラン。
写真は、濃い緑色が特徴の、ホウレンソウが加わったマトンカレー。
スパイスとホウレンソウのおかげで、マトンの臭みが全くない。

住所:東京都新宿区新宿6-13-8

出典:www.san-sar.info

「ラッサムスープ」
南インドで定着しているスープ。
辛いだけではなく、酸味もあるのが特徴。
さらにニンニクとコショウで香りをつけている。
サンサールに来たら、ぜひすすってみるべきスープ。

サンサール|インド・ネパール料理の専門店 小岩 新宿 【サンサール】

ネパール料理、インド料理の専門飲食店【サンサール】(SANSAR)の公式サイト。サンサール小岩店(03-5668-3637)、サンサール新宿店(03-3354-8553)。電話でのご予約承ります。

タージマハル

「ベジタブルスナック各種」
世界遺産にもなったインドの大きな墓廟が店名になっている。カレーやランチメニュー、セットメニューはもちろん、このサイドメニューもとても美味しい。
中に具が入ったサモサを始め、天ぷら風のパコラ、せんべいみたいなパパダなどの種類があり、どれも野菜や豆、小麦粉などを使い、肉や魚は一切使っていない。
住所:東京都 港区 新橋 4-3-11 地下1階

「パーティセット1」
お一人様3000円で、本場にも負けないインド料理のフルコースが楽しめる。
歓送迎会や、友人同士でのパーティーにもぴったり。
またタージマハルでは、これよりもっと上のパーティーセットが2つある。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪