箱根のお土産を集めました♥人気でおすすめのお菓子など

箱根のお土産を集めました♥人気でおすすめのお菓子など

神奈川にある「箱根」という町は、天然温泉を始め、関所や石畳の道、大涌谷や芦ノ湖などの見どころがいっぱいで、黒たまごや伝統和菓子、人気スイーツ、寄木細工などのお土産も充実している。これらはもちろん、箱根を訪れた観光客にとても人気がある。

2018.1.19 UPDATE

25

箱根ならではの良さが滲み出ている、地元の銘菓、おすすめスイーツ!

箱根SAGAMIYA 「ナッツヴェセル」

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなどの7種類のナッツをキャラメルでまとめたお菓子。ナッツの香ばしさと、キャラメルの甘さが見事に調和している。

出典:www.ciao3.com

箱根ガラスの森美術館「フルーツ・スプレッド」

全部で8種類ある、砂糖不使用のジャム。本来はガラス細工を販売するお店だが、このようなジャムやメープルシロップ、森のピーナツも販売していて、多くの人がお土産に買い求める。

箱根カフェ 「箱根ロール」

箱根で人気のお土産スイーツ。良質な卵と米粉で仕上げたスポンジで、和三盆という砂糖で甘さを出しているクリームを巻いた。写真はプレーン味だが、中に栗風味のクリームを巻いているのもある。

箱根カフェ 「箱根ふあとろチーズケーキ」

口に入れると、ふわっとした食感が楽しめるスフレチーズケーキ。チーズのまろやかな風味がたまらない。これもお土産として人気がある。

箱根カフェ 「箱根プリン」

箱根ロールと同じくらいの人気があるプリン。ロールケーキにも使っている卵と、新鮮な牛乳で作るので、濃厚で滑らかな食感になっていて、卵型の容器に入っているのもまたよい。

箱根SAGAMIYA 「山のブラウニー」

この店ならではの、特製ブラウニー。口どけのよいチョコレートを中心に使い、他の材料は少なめに使っているので、外はさっくり、中はしっとりとした理想の食感に仕上がっている。

箱根SAGAMIYA 「修道女のマカロン ヘーゼル」

大抵マカロンと言えば、カラフルで間にクリームが挟まっているというイメージが強いが、これはマカロンの原点と言えるものとなっていて、あえて素朴なクッキーと言えるお菓子である。

ポルボローネ

元々は、スペインの「幸せを呼ぶお菓子」だったが、箱根風にアレンジした。和菓子に使われる砂糖、和三盆を立方体のクッキーにまぶしている。

グランリヴィエール箱根 「箱根ラスク」

余計なものは何も加えていない、自然のままのラスク。サクサクした食感と、バターの香り、砂糖の甘さが生きている、シンプルなパンのクッキーと言ってもよい。

箱根SAGAMIYA 「箱根チュイール」

フランス語で「瓦」を意味する、薄いクッキーのような焼き菓子。バターを使わず、アーモンドではなく落花生をトッピングしているのが特徴。

桜えびの舞

あちこちのお土産屋で見かける人気商品。サクラエビの風味、サクサクした食感、香ばしさが1つになって1つの美味しさを出している。

黒米とあずきのパウンド

体によいパウンドケーキ。豊富な栄養がある黒米の粉と、黒豆を材料にして焼き上げた。見た目はボリュームありそうだが、軽い味と食感である。

たまごや 「プリンのリングケーキ」

真ん中に穴が開いてある、ドーナツの形をしたプリンの味わいがするケーキ。卵の風味と、染み込ませているカラメルソースの風味が調和して、いかにもプリンらしいお菓子。

出典:tabelog.com

箱根麦神(はこねばくしん)のパン

国産の小麦粉、天然の酵母を主な材料にして、色々なパンを焼き上げている。
お店に入ると、焼きたての香りが迎えてくれる。

出典:evacollector.com

第3新東京市土産 箱根旧街道

日本のアニメ・新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターがパッケージになっている、箱根だけしか販売されてない、箱根旧街道の石畳をイメージしたミルクケーキ。赤色の惣流・アスカ・ラングレーはイチゴ味、橙色の綾波レイは日向夏味である。

出典:www.weins.jp

銀かつ工房 「豆乳ドーナッツ」

豆乳を使った、もちもち食感の一口ドーナツ。手軽に食べられるヘルシースイーツとも言える。みんなで分けながら食べると美味しい。

箱根SAGAMIYA 「シュトレン」

多くのシュトレンは、大抵クリスマス時期に発売されることが多いが、ここはクリスマス時期以外のみ販売している。中に色んなドライフルーツが入っていて、程よい食感もあるので、多くの人が買い求める。

箱根SAGAMIYA 「箱根マロンパイ」

大きめの栗の甘露煮を、マジパンや餡で包み、最後はパイ生地で包んだ。パイ生地と中身の味が、見事に調和しているお菓子である。

菜の花 「月のうさぎ」

こちらは、柔らかく煮た栗がまるごと1個入った饅頭。中は栗の甘露煮や、渋皮栗を煮たものが入っている。

菜の花 「箱根のお月さま」

厳選した天然の素材、こだわりの作り方で作った小さな饅頭。皮はしっとりとしていて、中の餡はほどよい甘さだ。

雲助だんご

懐かしさを感じるような、昔ながらの串団子。写真はあんこだが、きな粉やみたらし、ごまあんもある。店では、お茶と団子がセットになった、その場で食べるメニューもある。

しいの食品「箱根の うり坊」

イノシシの子ども、ウリ坊を模った、かわいい饅頭。写真はミルクバター餡が詰まっているが、チョコレートの生地でバナナ餡を包んだ種類もある。

出典:r.gnavi.co.jp

渡邊ベーカリー 「梅干しあんパン」

緑茶のお供に最適なパン。中にはたっぷりのあんこと、1つの梅干しが入っている。それらはパン生地と見事に調和している。

松月堂菓子舗 「公時山まんじゅう」

和菓子の老舗が心を込めて作る、昔ながらの素朴な饅頭。薄い皮には、粒餡がぎっしりと詰まっていて、上品な甘さが、心を和ませる。

松屋 「鉱泉せんべい」

独自の製法で作る、鑛泉の風味がする昔ながらの甘い煎餅。皇族の方もお買い上げになったという経歴を残している。

温泉たまごポテトチップス

箱根・大涌谷を代表する名物・黒たまごの風味がするポテトチップス。ほのかな塩味が、全体を引き立てているのも特徴。

黒たまご、かまぼこ、肉製品など・・・箱根には美味しいご当地グルメが豊富!

出典:www.facebook.com

大涌谷 「黒たまご」

これも、箱根で忘れてはならない名物。80℃もある温泉地で60分卵を茹でることによって、温泉の成分が殻に付き反応して、こんなに真っ黒な殻の卵ができあがる。ちなみに中の卵は、ふつうのゆで卵と変わりない。

出典:ec.kamaboko.com

鈴廣 「箱根ビール」

「アジアビアカップ」で、5年間もの間金賞を受賞したビール。ラベルによって、アルコール度数や苦みが異なる。これから紹介していく、かまぼこやソーセージなどとも相性抜群で、このようなセットは、大人のお土産におすすめである。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪