山小屋のインテリアになってキャンプで使える!理想の木製ランタン!

山小屋のインテリアになってキャンプで使える!理想の木製ランタン!

木材を取り入れた木製のランタンは、木の温もりが十分にあふれているので、アウトドアでのキャンプや山小屋のインテリアとなり、重宝されること間違いなし。中には1から手作りしたオリジナル作品もある。

2018.3.19 UPDATE

0

木の温もりでより暖かな光になる、数々の素晴らしき木製ランタン!

屋根の部分が黒い

取っ手が付いている屋根の部分が黒くなっていて、そこから下は木の質感が生きている土台となっている。そして中には光を灯すキャンドルが置かれていて、いかにもアウトドアらしさを出しているのが伝わってくる。

出典:de.dawanda.com

古ぼけた感じがよい

こちらは全体にかなり使い込まれた板材が使われていて、十分な味わいを出している。このような形状は山小屋みたいなレストランにもピッタリで、キャンプを愛する人に贈りたい。

周りに飾りを

素材本来が持つ質感をさらに引き立てるために、周りに飾りをてんこ盛りにした。それはありとあらゆる造花や葉っぱ、さらにはリボンなどをひとまとめにしたもので、ある程度まとまったらポンと上に置くだけでOK。

出典:divaofdiy.com

廃材で1からDIY

もう捨てるしかないと思われがちな木の廃材も、工夫次第でこんなに素晴らしいものになる。のこぎりで長さを揃えて、あとは釘で打ち付けていくと、DIY感があふれるような逸品になった。

枠だけでも、十分におしゃれ

こちらは床に置いて使う、木製ランタン。側面は透明な板が張られておらず、太いキャンドルをすっぽりと置ける透明な筒が置かれていて、いかにもしっかりとキャンドルを立てられるという自信が出ている。

家の形をしている

窓が付いた家の形をしている、小さなキャンドルランタン。ロウソクの光は入れる部分や小さな窓からこぼれていて、非常にこじんまりとしていてかわいらしさが伝わってくる。

木箱に穴を空けて

こちらも、先ほど紹介した家と同じ大きさだが、今度は窓が星やハートの形になっているのが特徴で、さらには取っ手部分にリボンを巻き付けている。このくらいの大きさなら、雑貨屋で売っても構わない。

6つに仕切られた窓

まるで公衆電話ボックスのような形状になっていて、鳥かごと同じ大きさになっている木製ランタン。この中にはキャンドルを入れても構わないが、ぬいぐるみなどお気に入りのものを入れても構わない。

玄関に置いておきたい

これだけ大きくて、容積もあるなら太いキャンドルを入れて玄関に置いておくとよい。そしてこれは昔ながらの行燈(あんどん)の役割も果たしてくれること間違いなし。

出典:www.etsy.com

すのこを使ってDIY

100円ショップでも手に入るすのこは、立派なDIY材料として選ばれている。だからこれを使って大きめのキャンドルランタンを作っても全然OK。そしてこれはすのこ自体が持つ隙間から光がこぼれる。

くすんだ灰色を塗って

窓の部分に幅広いマスキングテープを貼り、筆を使って灰色をムラがあるように塗っていく。完全に乾いたらマスキングテープをはがしてみると、くすんでいるけれど十分に渋いランタンへと生まれ変わった。

温室みたいな作り

少し手が込んでいる、家のような形をした木製ランタン。側面だけではなく屋根も透明ない板が使われているので、まるで音質のようにも見える。だからこの中には、サボテンなどの観葉植物を入れておきたい。

モミの木の枝を飾る

先ほど紹介した木の升のようなランタンは、取っ手部分に飾りを加えても構わない。今回はリボンやモミの木の枝などを括り付けていて、クリスマスらしさを十分に出している。

扉が開かないように金具が付いている

おしゃれな街並みの街灯にありそうな形をした。よいデザインのランタン。さらにこれには扉が開かないように鍵のような金具も付いているので、ますますこだわっていることが伝わってくる。

本を土台にしても構わない

ランタンに高さを出したいなら、分厚い本を重ねたものを土台にしても構わない。ちなみにその土台は、もう読まない本だったら接着剤で繋げて固定してもOK。

尖塔のような屋根が付いている

今度は尖塔のような屋根が付いていて、扉は開けたままでもよい感じになっている。ランタンのすぐそばには陶器の花瓶に生けた花や枝などを飾っていて、ますますインテリア性を出している。

出典:ajathome.com

緑を敷き詰めてもOK

例えペンキの塗装が剥げていても、中身を工夫すればなんの問題もない。こちらは容積がかなり大きいので、ロウソクだけではなく緑の造花を山盛りに飾れば、緑と白が調和している素晴らしい出来栄えとなっている。

ほのかな青色が特徴

使われている色は白だけではなく、ほのかな青色もある。そして側面はすりガラスとなっていて、キャンドルの炎をぼやかしているように映す。なおこれは、角材を集めて自分で作っても構わない。

取っ手はロープ

今度のランタンの取っ手は、丈夫なロープとなっている。これだけ大きければ十分な光を届けられて暗い夜でも大活躍しそう。さらには中にお気に入りのものを詰め込んでも全然大丈夫。

お店にぴったり

レストランや雑貨屋さん、さらには洋服屋さんの玄関に置いても悪くないような、大きめのデザイン。枠部分は艶出しも塗られていないが、返って素朴な印象を出していて、たくさん並べて明かりを付けると、自然のイルミネーションとなる。

中に入れるものは、ロウソクだけに留まらない

今までずっと紹介してきたように、木製キャンドルランタンの中に入れるものは明かりを灯すロウソクだけではなく、お気に入りのぬいぐるみや人形、さらには観葉植物や造花なども当てはまる。

出典:www.digsdigs.com

高さが異なるキャンドルを置いて

側面に麻布を巻いた、高さが異なるキャンドルを置いた。例え高さがバラバラでも、しっかりと調和していて、キャンドルランタンそのものを盛り上げているのがわかる。そしてそばには束ねたよい香りのポプリを置いておきたい。

出典:www.etsy.com

かなり年季が入った廃材を使う

かなり年季が入っていて、くすんでいる廃材でも、手を加えればこんなに立派なものに生まれ変わる。そして今回はロープよりも太い綱の取っ手を付けていて、その取っ手は決してちょっとやそっとじゃ倒れない。

金網を使うのも1つの手

側面は透明なプラスチック板やガラス板だけにとどまらず、バーベキューで使う金網でも全然構わない。金網だとガラス窓の時とは違う印象が出て、ランタンはまるで冬に重宝するストーブのように見える。

出典:www.etsy.com

十字架の穴を空けて

分厚い板には、キリスト教のシンボル・十字架の穴が空いている。そこからあふれ出るロウソクの光は、いかにも神聖な印象があって、私たちを清らかな心にしてくれそうだ。そしてこれは教会のクリスマス会にもふさわしい。

出典:divaofdiy.com

小さいけれど脚がついている

半端な角材が出たら、短い脚にするとよい。脚があれば少しでも高さが出てきて、玄関や外側に置けるようになる。ちなみにこれももう不要になってきた角材をリメイクして作っている。

出典:amykrist.org

リビングやベランダに置きたい

今まで何度か紹介してきた、廃材で作ったDIYの木製ランタンは、高さがあったらリビングやベランダに置いても悪くない。これは観葉植物や丁寧に整えたガーデニングとも馴染むこと間違いなし。

天井から吊るしてもOK

またまた、DIYのランタンが出てきた。今まではただ床の上に置くだけだったが、今度はしっかりと取ってを付けて天井にぶら下げている。こうすることで何だかアウトドア感が出てきて、心が落ち着いてくる。

出典:www.youtube.com

プラスチック容器に小枝を貼りつける

使い捨てのプリン容器などが当てはまる、プラスチックカップの周りに、まちまちな長さの細い枝を貼りつけていくだけでも、立派なキャンドルランタンができあがる。そして何より、材料費があまりかからないというのが嬉しい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪